世間一般では、
管理栄養士=料理上手と思われがち!


エプロン

それは長年の給食業務に携わるイメージや、

テレビに出てる管理栄養士が
レシピ提案やお料理実演中心の活動だからではないかと勝手に考えております。






昔は給食管理中心だった
管理栄養士ですが、
今や臨床や研究の場所まで活躍の場を広げてるんだよね!





だから学生時代合コンのときに
「管理栄養士のたまごです」て言ったくらいで

「ふ~んじゃあ料理できるんだ~。ところで得意料理は?」って質問されると

(この人管理栄養士のこと分かってないわ)
て思ってましたww



世界一だるい会話だとさえ思っていましたw






だって料理に関する授業なんて
大学生活で半分もないんですよ!!

もちろんお料理教室みたいな
調理実習はありました。
だけど2コマくらいだよ?


調理学っていう座学も
テクスチャ
ゾル、ゲル
メイラード反応
って感じだし。


給食の大量調理や
病院食をつくる実習もありましたが、
献立作成や原価計算の事務作業がウェイトをしめていた…。



あと習う内容なんて半分以上は
生化学、生物学、解剖生理、臨床、実験とか
ばっかりだよ〜〜!!!

食品学の授業もあるけど、
化学式とか出てくるし。




菌の培養したり
ラット解剖したり
病気の基準値覚えたり


なんて一般の方々からしたら想像もつかないんじゃないかなぁw






一言言わしてくれ、

「管理栄養士は
調理学校じゃないんだ〜〜!!」


そしてもう一言言わしてくれ!

(もはや一言じゃない)

「大量調理してるから料理上手」
っていうのも微妙に違うんだー!

(↑実際に大量調理ばりばりだが料理嫌いな先輩の声)




正直管理栄養士で料理全然しない人もいますよ…。

だって国家試験に実技ないもん。
マークシートだけだもの。

例えば食品学の研究の分野に進む人は卓越した調理技術が無くてもいけます。





だけどもだけど…



大半の管理栄養士の仕事は、

料理の知識がいるのよ!!


献立作成、調理業務、栄養指導には、

調理や食材の知識が必要です。


ということは、

保育園、施設、病院系はだいたい必要。



まあ、病院は経管栄養の管理ばかりだといらない場合もあるけど…。



まぁ、できて損はないということですな。



てか栄養指導も
料理下手で理論で語る人より
料理上手な人に教えてもらった方が安心感あるよね?






ちなみに管理栄養士の
「料理全くできない」レベルは
「味噌汁くらいは作れる」

だと思ってますww


一応弁解しておくけど
全くできないわけではないのよw

少しは授業でやるからね…。





あと、管理栄養士は
根本的に食べるのはみんな好きだから、
いざ本気で料理を学んだら一般の人よりは
上達はしやすいと考えてます。



料理下手管理栄養士は、

やればできる子。
けどやらない。


が結論かなw



でも確実に
学校のカリキュラムを
こなすだけでは、
料理のスキルはあがりません!!!!!!!!!



これは残念ながら事実です。



というわけで、
次回は

料理下手の克服方法について

解説していきます。