ryourizyouzu
【料理下手克服方法】
1簡単な料理を一品から挑戦
2調理工程の一工程をひたすら繰り返す
3習った料理はそのあと3回はつくる
4アルバイトで調理補助をする
5大切な人のためにつくる




ちなみに、わたくしも
大学生のとき
料理しなさすぎて
調理実習は皿洗い担当でした。


いっとくけど、
皿洗いのスピードなら
誰にも負けまへんで。



でも今は一汁三菜考慮して
普通にごはん作れて、
たまに簡単なクッキーとかケーキとか焼けるくらいにはなれました。


今もいまゆる並レベルですが、
皿洗い担当からは結構成長したと思います。







【料理上手になる方法】
1簡単な料理を一品から挑戦
一汁三菜最初から作ろうとは絶対に思わないこと。
初心者さんは複数の作業工程と材料が入り混じると頭の中が爆発します。

最初から肉じゃがとか作ったらだめですよ??


挑戦する料理ですが、1~3工程で完成するものをおすすめします。
例えば…
<ツナ缶>①缶から取り出す
<レタス>①洗う→②ちぎる
<炒り卵>①卵割る→②調味→③焼く


これならできそうな気がしますよね!
さらに<ツナ缶><レタス><炒り卵>
完成品を足したら、またもう一品になりますね。


こういった形で2,3工程でできることを増やしていきます。
そしてそれを掛け合わせていくとさらに品数が増えていきます。






2調理工程の一工程をひたすら繰り返す

まずは調理工程を分けて考えます。
「買い物」「洗う」「切る」「煮る」「炒める」「ゆでる」「調味」
料理が完成するためには様々な工程があります。

得意な工程を増やしていくことで
料理全体のハードルが低くなるんですよね。


これを克服するには、
調理補助のアルバイトや仕事にすることがオススメです。


わたしの経験では…
野菜を切る仕込みのアルバイト
→「切る」の工程のへのハードルが下がる。

前職でもよく揚げ物をする
→揚げ物のハードルが下がる。


揚げ物って本来ハードル高くないですか?
けど仕事で長期的にやってたおかげで、全然苦じゃないんですよ。

こうやって得意な工程を作っておくと
料理全体のハードルが少し下がり、
とっつきやすくなりますよ!






3習った料理はそのあと3回はつくる
料理教室に行っていたこともあったのですが、
一回作っただけじゃ絶対身に着かないんだわ…。

はじめのうちは料理って失敗して当然だと思っています。
でもめげすに3回くらい作れば形にはなってくるのよ!
料理を習ってから日を空けずに復習するべし。


料理上手な友人も
「結構失敗してきてるねんで~」
って言っていて
驚いたと同時に救われた記憶があります。






4アルバイトや仕事で調理補助をする
もし家で料理をする機会が無いのなら
まずは機会を作ること。

学生でしたら調理補助はオススメです。

仕事にすると
①段取り②衛生管理
が身に着きます!

料理好きでも、
だらだら作って衛生管理ができない人は、かなり萎えますね…。

そしてやっぱり管理栄養士は衛生管理できないと。






5大切な人のためにつくる

家族や友達やパートナーが喜ぶのも嬉しいのですが、
断トツで嬉しいのは
子供が喜んでくれたときです!!



子供って気使ってお世辞言ったりしないやん?

知り合いの子供ちゃんが、
自分の作ったやわらかいパウンドケーキとか
美味しそうにむしゃむしゃ食べてたら…

「この地球(ほし)に生まれて良かったわ」

てなりますよw






最初から完璧を求めず、
自分の作りたいものをわくわくしながら考えて
楽しみながら少しずつ取り組むことが大切です!


今は動画のレシピも豊富で大変ありがたい時代ですよね。


個人的には、
とりあえず味噌汁さえ美味しく作れれば
大半のことがカバー出来ると思っています!!
具材変えるだけで毎日使えるし。


管理栄養士って
「安く、簡単、速くて、美味しい」
料理ができる人が重宝がられるのよ。


お試しあれ!!!!!!


人気ブログランキング